電子ブレーカーを設置する|電気料金をカット

食品を乾燥させる調理器具

女の人

食品乾燥機を利用する事が人気になっており、手軽にドライフルーツや干し野菜を作る事ができるため評判が良いです。最近の食品乾燥機は以前の製品と比べてコンパクトで軽いため、誰でも容易に使用する事ができオススメです。

More Detail

電気で部屋を暖める

手

電熱ヒーターを効果的に利用するならば、冷気が入って来るポイントを把握することが重要です。冷気を温めることにより、部屋の温度をより確実に上げることが可能となります。また、電熱ヒーターの特徴を把握することも重要です。複数の暖房器具を使うことで、さらに大きな暖房効果を得られるでしょう。

More Detail

家庭内で作るドライフード

食器

食品乾燥機は、ドライフードを家庭内で手作りできる点が特徴です。工夫次第では、ドライフラワーといったものまで作れます。ブームの広がりで機器の種類も増加しています。完成までに時間を要すので、たくさん作るために詰め込むのは禁物です。肉のように菌と関係するような食品は、取り扱い方法を熟知しておくと安心です。

More Detail

変更する時は必ず調査する

ブレーカー

瞬時の電流では落ちない

電気料金を下げる方法として電子ブレーカーを導入する所が増えてきていますが、この電子ブレーカーは一定の電流値を計測して許容最大値までは使用出来る仕組みとなっています。一般の家庭やマンション・工場等では負荷契約となっており、特に工場等では多くの電気を消費する機械が有り、その全部を使用してもブレーカーが落ちない様な契約となっています。また通常は一度に全部の負荷がかかることはほとんどないと思います。そこで、通常使用している電流値を計測し低圧電力の契約基本料金を下げて安くすることです。電子ブレーカーを導入した際、契約使用量を直ぐにオーバーしても瞬時の電流の場合は動作せずに電気が落ちなくて済むようになっています。

省エネにも繋がります

電子ブレーカーは短時間の電流超過では落ちない様に工夫がされています。特に工場やマンションでは、機械やエレベーター等の負荷で落ちてしまうと大変ですから、モーター類を使用している場合には安全な範囲である契約電力へと切り替えて、最大電力を制御できる電子ブレーカーを取り付けることで電気代を削減できます。その為には導入前の入念な調査が必要であり、ある程度のピーク時の使用電力量を知って置かなければなりません。そうする事で無理に契約電力を下げることなく、契約電力を押さえて電気代を下げる事が可能となります。基本料金が下がると毎月の料金は大きく変わってきますから、年間にすると大きな金額となります。また、使用量や電気料金を下げる事で省エネにも繋がります。